読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あさって歯医者さんに行こう」 高橋順子

詩集

本日は、一番最近読んだ詩集を。
一週間ほど前に買って、三回読みました。
お気に入りの一冊になりそうです。


題材はわりと身近な、誰でも目にするような
風景なのですが、そこに高橋さんの視点が
注ぎ込まれると、とたんに素敵な風景に
様変わりします。


その変化が、詩の中盤あたりで突然に起こるのです。
急に時間が経ったり、急に視点が逆転したり・・・。
それが読後感に心地よい驚きを与えてくれます。


僕が特に気に入った作品は、


「黄色いメロン」
「わたしの水平線」
「秋の一日」
「或る日の新幹線」
「花と海」


など。
「黄色いメロン」は、あまりに素敵な詩で、
これだけ20回くらい読み直しました。
「或る日の新幹線」と「花と海」は、
僕自身同じようなことを思うことがよくあって、
大変共感しました。


それとこの本、やたら軽いんですよ。
軽くて薄い紙を使っているんでしょうね。
又、一編一編の詩も短くて読みやすいので、
文庫本のように気軽に持ち歩きながら、
ちょっとした時間に読むのに最適です。


あさって歯医者さんに行こう

あさって歯医者さんに行こう