読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「求愛瞳孔反射」 穂村弘

面白いです。この詩集。


面白いって表現が正しいか分かりませんが・・・、
でも、読み始めてすぐ「デニーズ・ラヴ」という詩で
噴き出してしまいましたもの。
詩を読んで笑ったのなんて久しぶりです。


僕は穂村弘さんの本を読むのは初めてだったのですが、
すっかりファンになってしまいました。


文庫版あとがきを読むと、この詩集が生まれる背景には
失恋という悲しい出来事があったそうで、たしかに
物悲しさが根底には流れているのですが、どの作品も
独特のユーモアとアイデアによって色づけされています。
「おもしろかなしい」と言った方がいいのかな・・・。
面白いんだけど、楽しいわけではないというか・・・。
そして、バラエティに富んでいる。


最近買って立て続けに二回読んだのですが、
 

「求愛者」
「それはよく晴れた真夏の」
「チョコくっき」
「渚へ」
クリネックス


などの詩にヤラれてしまいました。
穂村さんの他の著作も読みたくなっている
ところです。

求愛瞳孔反射 (河出文庫)

求愛瞳孔反射 (河出文庫)