読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「命が危ない 311人詩集」に詩が掲載されました

命が危ない 311人詩集


先日刊行された


「命が危ない 311人詩集―いま共にふみだすために―」(コールサック社)


に「春れんさ」という詩が掲載されました。


これは、東日本大震災が起こった3月11日にちなんで、311人が
「命」をテーマとした作品を寄せ合ったアンソロジー詩集です。
この企画に執筆者の一人として参加させていただけたことを
心より光栄に思います。


「春れんさ」は、第三章「動物、草花と共に」の冒頭
P88〜P89に掲載されています。


また、「あとがき・解説」のP472・P490の中で
編者者の方々から「春れんさ」について触れていただいています。


これだけの数の作品を編纂し、ひとつの本としてまとめあげる
のは大変な労力であったろうと想像します。
また、この国が現在のような状況にある中で、こういった本を
世に出すということは、実に意義のあることだと思います。


そして、東日本大震災という未曽有の災害に直面した中で
詩に携わる人々が、何を感じそれをどう表現したのか
という点においては、少なくとも歴史的な価値のある
資料のひとつになるのではないかという気がします。
たとえこの災害がいつか人々の記憶から薄れる日が来ようとも、
「本」という形になったものは、人々の記憶とは別の次元で
褪せず残っていくはずのものだから。


出版社の方々にはこの場を借りて
心よりお礼と敬意を申し上げます。


http://www.coal-sack.com/syosekis/view/433/アンソロジー詩集『命が危ない 311人詩集―いま共にふみだすために―』


命が危ない 311人詩集

命が危ない 311人詩集