読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おかあさん」 サトウハチロー

詩集

この詩集は、読む人の境遇あるいは思い出などによって
様々な反応を引き起こすような気がします。
ある人は、微笑ましい気持ちで読むかもしれません。
ある人は、ページを開くたびに涙がこぼれるかもしれません。


僕は、何故かいつも眠くなります。
もちろん退屈だからではなく、この本の中で表現されている
「母」のぬくもりや優しさに包まれたような気持ちに
なるからかもしれません。
時にはそのまま実際に眠ってしまいます。
それは本当に穏やかな眠りです。


すべて「母」についての詩で構成されているのですが、
子から母への視線だけではなく、母から子への視線で
書かれている詩もあります。
それがこの詩集の面白いところです。


僕は箱に入った3巻セットのやつを持っているのですが、
1巻の「母を探し求めて」という詩と
2巻の「金魚がぼやけてゆれました」という詩が
特に好きです。


多くの子どもたちに読んでほしい詩集ですね。
サトウハチローさんの作品は、既に
「ちいさい秋みつけた」などで多くの子どもたちに
親しまれているとは思いますが。


詩集おかあさん全3巻

詩集おかあさん全3巻