読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポール・マッカートニー来日公演

音楽

ポール・マッカートニーの来日公演に行ってきました。
11月21日「アウト・ゼア ジャパン・ツアー」東京ドーム最終日。


何から何まで最高のステージでした。
71歳ともなれば、ゆっくりしたアレンジにするとか
全編アコースティックにするとかしそうなものですが、
いやいや、とんでもない。完全無欠のロック・ショウでした。


僕の席はわりとステージから遠かったですが、
それでも迫力満点でした。



詳しいライブレポ等は、音楽雑誌やネットの記事などにも掲載されるでしょうし、
僕はそういうのは書けそうにないので、自分なりに感じたことを少々。


今回のライブではポールから5人の人物に捧げられた曲が印象的でした。


まずジミ・ヘンドリクスに捧げられた「Foxy Lady」。
ジミヘンのギターリフを弾き始めたときはびっくりしました。


次に妻ナンシーに捧げられた「My Valentine」。
彼女はこの日会場に来ていたそうです。


また日本語で「リンダ ノ タメニ 書キマシタ 書キマシタ!」と言って
歌い始めた「Maybe I'm Amazed」。すごい声量だった。


そして、「ミナサン ジョン ニ 拍手ヲ!」と呼びかけてから歌った
ジョン・レノンの死に際して作った曲「Here Today」。
もうこのあたりは号泣ものでした。


さらにおそらく今回のハイライトのひとつだろうと思われる
ジョージ・ハリソンに捧げた「Something」。
1コーラス目はかなりアレンジを変えたバージョンで歌い、
2コーラス目は従来のバージョンで。
ジョージが作った曲をポールが歌っているということだけで感動ものなのに、
歌い終わったあとに英語で「ジョージ、美しい曲をありがとう!」と言って、
ここで涙がこぼれた人も少なくなかったのではないでしょうか。
僕はもう顔がぐしゃぐしゃでした(笑)


もうひとつ、最終日ならではのサプライズ企画がありました。
観客たちからポールへのサプライズ。
入場の時、全員にこの用紙とサイリウムが渡されたのです。



「Yesterday」の時に5万人のサイリウムが灯り、会場を真っ赤に
埋め尽くしました。曲の素晴らしさと相まって幻想的で美しい空間となりました。


他にもビートルズナンバーを20曲以上もやってくれたり、
有名な曲ばかりでなく、意外な曲も挟み込んでくれたり。
「Sgt.〜」の収録曲あたりは、もしかすると今回が初のライブ演奏かもしれず、
それを聴けたのも貴重な体験でした。
また最新作『NEW』からも4曲披露してくれました。


「Ob-La-Di, Ob-La-Da」「Hey Jude」「Helter Skelter」などでは
会場の5万人が大合唱。
ラストの「Golden Slumbers」からのメドレーでも涙が止まりませんでした。


生涯忘れられないような最高の一夜でした。
ステージを去るときポールは僕らに向かって
「マタアイマショウ ゲンキデネ See you next time! マタネ!」
と叫んでくれました。
僕はそれを信じたいと思います。


ありがとう、ポール! またね!<セットリスト>


Eight Days a Week
Save Us
All My Loving
Listen to What the Man Said
Let Me Roll It / Foxy Lady
Paperback Writer
My Valentine
Nineteen Hundred and Eighty-Five
The Long and Winding Road
Maybe I'm Amazed
I've Just Seen a Face 
We Can Work It Out
Another Day
And I Love Her
Blackbird
Here Today
New
Queenie Eye 
Lady Madonna
All Together Now
Lovely Rita
Everybody Out There
Eleanor Rigby
Being for the Benefit of Mr. Kite!
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude



Day Tripper
Hi, Hi, Hi
Get Back



Yesterday
Helter Skelter
Golden Slumbers / Carry That Weight / The End