読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010年の終わりに

2010年も終わろうとしています。
今年も一年ありがとうございました。


個人的には色々なことがあった一年でした。
1月に『コスモス文学』に「曇天」が掲載され、
3月に「富士湯にて」が佳作をいただきました。
4月には『詩とファンタジー』に「夕焼けの種」が掲載され、
6月には『コスモス文学』で「絵葉書」が入選し、
7月には『産経新聞』に「行き先」が掲載されました。
目を留めてくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいです。


またつい先日「鬼の首」という作品が佳作になったという
通知もいただき、これは来年掲載される予定です。


夏にはイーハトーブを旅しました。
岩手は、宮沢賢治さんや石川啄木さんや高村光太郎さんの
ゆかりの地が様々あり、詩を書く者にとってはパワースポット
のようなところでした。
多くの刺激を受けましたし、思い出に残る有意義な旅となりました。


このブログでは、読んだ詩集の話ばかりしていましたが、
新たに読んだものも、改めて読み返したものも含めて
多くの素晴らしい作品に触れることができ、大変勉強になりました。
勝手に個人的な思い入れを書いているばかりで、
ちっとも「ご推薦」とか「ご紹介」の文章になっていませんが、
来年も気ままに少しずつ書いていこうかなと思っています。


サイトの方には、今年約30編の詩をUPしました。
実際にはその倍くらいの作品を書いたのですが、
残りの方は紙媒体の方での発表を目指して、
推敲を繰り返しているところです。


まもなく年が明けますが、また気持ちを新たに
白紙と向き合っていけたらいいなと思っております。
雑誌やネットで作品をご覧くださった方々や、
ブログやメールにてご感想など届けてくださった方々へ、
この場を借りて感謝の意を表しますとともに、
皆様の新たな一年が良きものでありますよう
お祈り申し上げます。


来年もよろしくお願い致します。